おいしいもの日記 ぱーと2

shojiakiko.exblog.jp
ブログトップ
2017年 12月 13日

蒲鉾が自慢のお店です!

雑誌を見て、へぇ・・こんお店もあるんだ、と気になっていた蒲鉾がメインと言う
お店に行ってみました。

思ったより広くて、きれいなお店、自家製蒲鉾の揚げる瞬間が見たくて、
カンターに陣取ります。
そしてまずこの突き出しが立派でした。

f0232584_06242232.jpg
左から、鶏むね肉の蒸したもの、ゴマ豆腐、だし巻き卵、とこれは奥の調理場で作られているようで
この3品からしても期待度は高いのです。

蒲鉾と言うと茶色に揚がっていて、何となく庶民の味、のイメージがありますが、ワラヅカのすり身を使用して、
それも低温でゆっくり揚げるので、真っ白の仕上がりです。
カウンターを除き込んで見せて頂きました。 板前さんがまるで寿司を握るように形作り、銅の揚げ鍋で揚げています。

f0232584_06243962.jpg
まずは7種盛りをお願いしました。 ね!まるでお寿司でしょ!
表面の面白さだけでなく、中にもチーズや梅肉などが忍び込んでいて、熱々をかじると楽しみが倍増!
天つゆか岩塩で頂きます。

f0232584_06245808.jpg
この他に季節の品もあり、当然「銀杏」もチョイスです。
これもサイコーでした。 蒲鉾だけだはなく、焼き魚、焼鳥、一品ものと、飽きずに楽しませてくれます。

f0232584_06251479.jpg
f0232584_06252796.jpg
定番の「シシャモ」と「鶏のつくね」そして下は好きなみがき鰊の「味噌和え」です。
どれも、とても美味しかった!
でも、帰りにこんな所に寄って又、又ここの定番もやっちゃいました!

f0232584_06255710.jpg
f0232584_06254496.jpg
説明、不要です。このナポリタンってお店によっていろいろ個性があって楽しいですよね!
いえ、私が作るのも美味しいですよ!

先程も出て来ましたがこの時期、絶対買いたくなるのが「銀杏」、野菜コーナーでサイズも別々に大袋に入っているのを見ると
当然、かごにインですね!
いつもは殻をむき、ゆでながら渋皮をむいていたのですが、今年はこれです!
f0232584_06262859.jpg
専用のパンチで殻を軽く割り、紙の封筒に入れてレンジをかけるとこの状態!

f0232584_06261409.jpg
この色!つややかさ!翡翠の色ですよね!熱い、熱いといいながら美味しい塩をつけて食べると、いくらでも
お腹に入ってしまいますが、ほどほどに・・・
でも今年はこの方法で決まりです!

[PR]

# by shojiakiko | 2017-12-13 06:51 | Comments(0)
2017年 12月 06日

今年も幸せな誕生日が・・・

f0232584_13350000.jpg
f0232584_13335755.jpg
誕生日が大好きな私、年齢を重ねるうちに、誕生日を避ける方も多いようですが
私は1年に2~3回あってもいいような!と、言うと笑われそうですが、単純にお祭り騒ぎが好きなんですね!

で、今年も前日、当日と2日続けての宴会でした。
私が勝手に名付けたバースディイヴは、沢山の方がわが家に集まってくれました。
お酒が大好きなメンバー、おしゃべりも食べる事も大好き!そんな方達にお出ししたのは何とも懐かしい料理です。

f0232584_13334498.jpg

f0232584_13342739.jpg
両方とも似ていますが、上が得意の細切りの「五目キンピラ」そして下は「子和え」この時期、真鱈の子を見ると
これを作りたくてムズムズ、それも白滝と合わせるのが私風、これも季節の柚子をちらしました。

次の2点は最近料理教室で作る事が多くて、私の頭にこびりついている2品です。

f0232584_13335755.jpg
f0232584_13332821.jpg
あれ!一番最初に登場してしまいましたが、「焼き大根と鮭の照り煮」大根は皮をむかずにしっかり両面焼き、同じくしっかり焦げ色をつけた
鮭と煮込み、最後にバターと黒粗挽き胡椒をたっぷりです。写真では青シソがたっぷりに見えますが・・
下はこれまた、巻物好きの私らしく、水切りをして棒状にした豆腐に薄切りの豚肉を巻き付けて煮込んだものです。
こうしてみると、何だか醤油系の煮物が多いですねぇ・・と言うのも日本酒好きな方が多かったのです。わが家の醤油も減りました(笑)

でおも、他にもエスカベーシュや、オリーブ煮込みもありましたので・・・念のため
そして美味しいお酒もズラリでした。又又シャンパンが一番先に登場、失礼しました!美味しかったもの

f0232584_13351307.jpg
これは梅酒ですが、正しく梅にウグイスと花札の世界、控えめな甘みが家庭で作る梅酒の味に似て、好評でした。

さて、翌日は本当の誕生日、わが家と道路を挟んだ側にある正統派のフランス料理のお店でコースを頂きました。
チビッコもテンション上がって目が若干泳いでいました。

f0232584_13354370.jpg
これは最初の料理で私は「ホタテ」をチョイス、ホタテのサラダ仕立てで赤いのはビーツのソース、そして黒胡椒とパン粉を
合わせたものが散りばめられ、触感も最高です。

魚料理はこちら「スズキのポアロ」です。

f0232584_13355734.jpg
「あれ?魚の皮食べたっけ?」と言われ、へへへの私ですが、このパリパリの皮がたまりません!
そして肉は王道の「仔羊」です。しっかりした歯応えが、噛むほどに口中に肉汁が広がり、美味しく頂きました。

f0232584_13361231.jpg
本当に、嬉しく楽しい誕生日、もう来年が楽しみです。
お花も頂きました! チビッコが照れながら渡してくれたブーケも忘れられないでしょうね!

f0232584_13362777.jpg
皆さま、有難うございました!


[PR]

# by shojiakiko | 2017-12-06 14:34 | グルメ | Comments(0)
2017年 11月 29日

何とも優雅でリッチなパーティでした!

本当に、タイトル通りの優雅でリッチなパーティ、毎年暮れ近くなると招いて下さる
石狩にお住いのとても、とても素敵なご夫妻!
そのお二方が行かれた海外のお話と、お酒(特にワイン)と美味しい食べ物・・もういつもワクワクです。

今年はポルトガルとウィーンに行かれたそう、ウィーンは8泊も同じホテルに連泊、何とゴージャスな・・
と、目が点になりそうな私でしたが、まずは恒例の下のお部屋でのウエルカムタイムからスタートです。

f0232584_08173873.jpg
これはポルトガルのポルト酒、甘いけれど奥が深い味、小さな小さなグラスでやや舐めるように(オーバー)に頂きます。
とても、高価なようでしたよ!

f0232584_08175379.jpg
これは、私が持参したニセコのチーズ、洞爺の月浦ワインのチーズでチーズの周りに搾りかすがたっぷりついていて、
このチーズだけて、つまみとワインが一度に堪能できそう!と、皆さんにも好評でした。

f0232584_08181339.jpg
その後は2階のメイン会場、こちらでは美味しそうな料理がスタンバイされていました。
今回は石狩のものに拘ったとの事、これは「鰊の刺身」モチロン石狩で獲れたもの。 苦心の末の冷凍技術だそうです。
薄く切った切り身に、醤油に一味唐辛子をふってつけて頂くと、ピリッとして、最高の味でした。

そして次の石狩産はこれです!「望来豚」飼料にこだわりがあるとの事、なかなか手に入らないようです。
でも、今日は食べても、食べてもなくならないような位、準備して下さっていました。
f0232584_08184762.jpg
これを「シャブシャブ」で頂くのですが、一緒に頂く野菜も見事、決して白菜に豆腐・・と言うものではなく
シャキシャキのレタスに、美味しい椎茸、おまけにサラダ用にしてあったたっぷりのクレソンとトマトも投入、このクレソン最高でした。

f0232584_08190304.jpg
f0232584_08191865.jpg
食べている図はこんな感じ、脂身が甘いとは本当ですね!私もたっぷり頂きました。ポン酢醤油と自家製の大根おろしを
たっぷりつけて、幸せ気分満開でした。
f0232584_08200342.jpg
で、ここで少しワインの紹介を、上のワインは名寄のもの、k女史持参の自慢の1本、苦労してブドウを育てたの事、多分ワインの北限でしょうか!
ネーミンウも「森臥」シンガとは素敵です。
下のワインはご夫妻がオーストリアで求めて来たもの、このエチケットが可愛い・・鶏の頭に花冠(?)です。
f0232584_08183147.jpg
f0232584_08193821.jpg
さんざん飲んで食べての次はデザートタイム、この他にも珍しいものが沢山!真ん中のモンブランは藤大学のもの、四角いお菓子は
ロシア、そしてクッキーはニセコ・・ともう、盛りだくさんでした。
f0232584_08202805.jpg
そして締めに頂いたのは、これです!ポルトガルのサクランボ酒、その前にある小さなチョコレートのカップに注いで飲む、
これまた初体験、美味しかったです。
f0232584_08204417.jpg
いやぁ~世界は広い!と思いました。又、来年も楽しみにしています。



[PR]

# by shojiakiko | 2017-11-29 09:00 | グルメ | Comments(0)
2017年 11月 22日

芸術の秋を堪能しました!



へへへ・・・芸術などと大層なタイトルにしてしまいましたが、丁度この時期是非とも見たい絵が大阪と京都で
開催されており、もうこれを見逃したら、自分が生きて元気なうちにはもう不可能(オーバー?)と思い、
意を決して2泊3日の小さい旅をして来ました。

f0232584_07474215.jpg
いろいろハプニングが有りながらも、なんとか到着、ホテルに荷物を置いて、速攻「あべのハルカス美術館」に向かいます。
ここではこれをやってたんです!

f0232584_07481011.jpg
f0232584_07483069.jpg
そう!北斎が90歳近くまで生きて、書いた執念の絵、でもそれは見るものに感動を与えてくれる、素晴らしい数々の絵
特にこのポスターに代表される、富士の絵の前ではそこから動けないくらい・・とは言っても物凄い人、人、人で前に移動するのも
大変でした。
そして、もう一つの目的は北斎の娘、お栄が書いた「吉原格子先之図」をどうしても見たかったのです。今テレビなどでも取り上げられて
いますが、この絵の光と影の在り方は、不思議な世界に入り込むようで、これ又、しばし絵の前で唸っていました。

2時間半に亘る鑑賞に疲れた後は、もうこれしかありません!

f0232584_07485315.jpg
そして翌日は早々に出発して京都へ、ここでも国立博物館で、私の見たくて、見たくて堪らない絵・・・タイミング良く展示中だったのです!

f0232584_07494007.jpg
f0232584_07491667.jpg
41年ぶりに国宝の特別展覧会と言う事で、こちらも朝早くから、物凄い人の行列でした。
昨日の疲れも残り、全部くまなく見るのは無理!と判断してピックアップしての鑑賞にしました。

何を見たかったかと言うと、長谷川等伯の「松林図屏風」です。思ったより大きな作品で、墨絵で書かれた松林、幽玄と今そこに
在るような錯覚さえ覚える、素晴らしいものでした。もう、これだけで満足・・・でした。

少し、京都見物も考えたのですが、紅葉のシーズンとあって凄い人並み、これもキッパリやめてお昼を食べる事にしました。
行先は迷うことなくここです。

f0232584_07504655.jpg
京都、200年は続いていると言う、「鯖の棒寿司」のお店です。予約も受け付けないお店、だから店内は割と空いていて
物静か、喉が渇いたのでビールを頼んだら「うちのお寿司にはビールは合いませんので・・」とやんわり断られました。

f0232584_07502462.jpg
これです!これ・・・この鯖の身の厚い事、しっかりとした寿司飯とのコンビはもう、抜群!
国宝の絵と国宝並みのお寿司に堪能して、大阪に戻りました。

で、大阪ではコテコテのこちらに行って来ました!

f0232584_07510887.jpg
フフフ・・お約束の「通天閣」そしてこれもお約束の「串揚げ」をい頂きました。昼にお寿司、夜はフグのコースが待っているので
軽く、軽くこの3本です。

f0232584_07512973.jpg
f0232584_07514813.jpg
エビ、豚、そして関西には欠かせない紅生姜の串、ソースの二度漬けお断りが必ず出ていますが、ソースが本当に
醤油のようにシャブシャブなんですね!あれは二度付けたくなりますね!キャベツにつけて垂らしたらいいよ!
と、お店の人は教えてくれました。

その日の夜の「フグのコース」は又の機会ですが、翌日は仕事の準備もあって早々に帰ってきましたが、
やはり空港ではこれを食べて〆てきました!

f0232584_07522812.jpg
f0232584_07521017.jpg
目まぐるしい2泊3日でしたが、感激して楽しんで、十分に満足の日々でした。



[PR]

# by shojiakiko | 2017-11-22 08:36 | グルメ | Comments(0)
2017年 11月 15日

旭川からシェフを呼んでの食事会です。


タイトルの通り、シェフがわが家に来て下さってディナーショーが・・・
この方は東旭川、士別、そして現在は旭川でお店を開いていますが、
シェフの味にすっかいほれ込み、「追っかけ」をして仲良くなったのですが、
今回は間に入って話を通してくれた方の力もあって、実現しました!

          
f0232584_15250781.jpg
この食材の数々、見てビックリ、同じく旭川のお米屋さんとも親しくなって車に積んで運んで来てくれました。
生ものから、多数の野菜、そしてもうすでに仕上げて持参のものなどで、私の出来る事は鍋などの道具類と火をお貸する位です。

早速シェフの腕並み拝見ですが、ちょっとその前に喉を潤して・・・と赤のランブルスコを夕方の雰囲気の中で頂いて
気持ちを盛り上げます。

                     
f0232584_15252371.jpg
まずは「鴨」大好きです。滝川産のもので軽く筋を除き、3種のブレンドの塩をふって表面を焼いてから
オーブンで仕上げます。出来上がりは少々お待ちください。

f0232584_15253982.jpg
18時過ぎにはメンバー10人が集まり始め、料理の出番を待ちます。
まずは「魚介と野菜のマリネ」これはシェフが前もって作って来てくれました。

f0232584_15255540.jpg
何と素晴らしい彩り、赤大根に天使のエビ、菜の花、オリーブ、キノコなどなど、まだまだ入っていたと思います。
味も盛り方も最高です。
f0232584_15261250.jpg
これは「豚肉と野菜の煮込み」ですが、この豚バラ肉は丸のまま塩漬けしたものを白ワイン、ブイヨン、玉ネギなどで煮込んでから
焼き付け、食べやすく切ってあります。
一緒に煮込んだ野菜はエシャロット、ムカゴ、キャベツなど、ホッカホカの熱々をあえて、和風のおでん風に盛りたいとの事で
こんな器に盛ってみました。肉と野菜が口の中で溶けていきました。

f0232584_15263805.jpg
そしてこれが先ほど下処理をしていた「鴨」です。焼き付けた野菜はインカのめざめにレンコン、どれも軽くゆでた後に
パリッと焼きつけてあります。そして皆が驚いたのはこの「鴨」の切り方の厚い事!私ならきっとこの半分に切りそうです。
上にのっているローズマリーも効いています。

さて次は「アクアパッツア」です。魚はキンメダイ、まずは両面焼き付けます。
f0232584_15265330.jpg
これを鍋に移し大量のアサリ、ドライトマト、オリーブ油、オリーブにカブも入りました。
魚のいいダシと他の材料とのバランスが最高でした。
f0232584_15270656.jpg
まだまだ料理が続きます!何と言っても今日のメニューは8品ですから・・
次も凄いものが登場、これからの時期に絶対食べたいこれです!

f0232584_15272046.jpg
真鱈のタチなんです!それもとびきりの上等なもの、もう、ふんわり、ぷくぷく、ほわほわです。
そのタチを食べやすく切り、セモリナ粉をつけてこんがり焼いていきます。表面はパリッ、中はクリーミィに・・
f0232584_15273331.jpg
これはやはりシェフの腕ですね!決してフライパンの力ではありませんね!
出来上がりましたよ、こんなスタイルです。
f0232584_15274858.jpg
ラタツイュのソースが敷かれ、その上に焼き立てのタチが収まり、ベビーリーフを添えて、バルサミコのソースです。
ほら、口中に唾液が広がるでしょ!

f0232584_15280152.jpg
「ニョッキ」も出て来ました。いよいよ後半は炭水化物の登場です。
シェフはパスタがお得意、今日はもう生地は仕込んであり、どうやって延ばすのかと思っていましたら、こんなんでした。
f0232584_15281555.jpg
f0232584_15283100.jpg
生地を薄く延ばしてて包丁で1本ずつ切っていきます。蕎麦みたい!とこの1本、1本を何と手で延ばすのです。
でも以外と切れる事無く、スムーズに、そしてゲストの皆さんの力であっと言う間に出来上がりました。
f0232584_15284797.jpg
ソースはブロッコリーを軟らかめにゆでてくずしたものと、贅沢にもカニがたっぷりです。
そして最後は「リゾット」です。
f0232584_15290302.jpg
と、8品何とかご紹介できたでしょうか?最初は一生懸命にメモを撮っていたのですが、ほら、例のものを頂くと
その手は止まるのです。
だって物凄い本数が並びました。これはほんの一部分、床にまだ、まだゴロゴロしてました。
f0232584_15293567.jpg
皆さん、もう大満足、そしてシェフも又呼んで下さい!との嬉しい言葉、
最高ののディナーショーでした。








[PR]

# by shojiakiko | 2017-11-15 17:38 | グルメ | Comments(0)
2017年 11月 08日

小学校の授業です!

1年に3度ほど地方の可愛らしい小学校を訪れ、道産牛肉を使って授業をし、子供たちが作って、給食の時間に食べる、
と、言う仕事をさせて頂いていますが、先週も上川と愛別の学校に行ってきました。
f0232584_08014877.jpg
f0232584_08013527.jpg
旭川からのスタートですが、その日は旭川は雪、私は愚かにも夏靴、滑って大変!スタッフの腕にしがみついていました。
で、その道産牛肉ですが、これです!

f0232584_08010071.jpg
上川町産の大雪高原牛、何を作ったかと言いますと、肩ロースで「トマト風味のカレー」サーロインのステーキ肉で「サラダ」(贅沢)
切り落としで「北海道の牛汁」です。

f0232584_08011781.jpg
子供たちは「ステーキ肉」に大歓声、特にフライパンを十分に温めた中に入れた瞬間のあの「ジュッ・・」と言う音にやられ、
更に一切れ切ったその断面にため息をついていました。 その瞬間、私も、生産者の方も、関係者一同心底、やって良かった!です。

私もこの仕事の役得で各地の道産牛を食べています、それぞれ美味しいのですが、この大雪牛は、軟らかく、味があり、特に甘みが強いと
感じました。  お米を食べさせているからでしょうか?

で、来ました、次は旭川の夜のご報告、1晩めは魚介だったので、二日目は肉、昼は牛肉だったので、夜は鶏肉にしました。

f0232584_08020545.jpg
あの横丁にある、知る人ぞ知るの焼鳥屋、私も2度目です。予約が出来ないので恐る恐る行ってみましたら、空いてました!
ラッキーです。本当に、その後続々お客でカウンターが埋まりましたから・・まずは「カブの漬物」とビールで喉を潤した後は定番のこれ!
f0232584_08023701.jpg
奥は精肉、手前が「キンカン」これは鶏肉の卵の成長途中の卵、まだ白身に包まれる前、一応鶏肉の内臓になります。
あまり内臓系は得手ではないのですが、これは1本ならオーケー、又タレの味がいいのです。

f0232584_08025256.jpg
もう一つ、ここの名物は鶏肉の半身焼き、好みで塩とタレを半分ずつ焼いてくれます。
そして、お店の方は「写真撮りますか?」と聞き、撮影大会(?)の後、手早くハサミで切ってくれます。美味しかった!

で仕事終了、折角きのこの里の愛別に居るのだから、と帰りに直売所に連れて行ってもらいました。
f0232584_08030724.jpg
もっと、大々的に並べてあるのかと思うと、そうでもないのですが、ここでしか買えない貴重な茸などが大事に売られていました。
買ってきたのはこんな感じ!
f0232584_08032965.jpg
珍しいのは「生キクラゲ」と「えぞゆきのした」生キクラゲはタマにみますが、こちらのは何とも身が厚く、歯応え十分、軽くゆで
刺身や、酢の物、サラダ、炒め物と何でも合いました。
ゆきのしたも和え物もいいのですが、やはり味噌汁が一番でし、ナメコも醤油漬けにして、タップリ頂きました。

そして、こちらのものではないのですが、別のルートで「舞茸」も頂きました、超ビッグサイズです。
f0232584_08034407.jpg
念のため、私のカメラカバーを横においてみたりして・・・これぞ、茸の王様(?)ある程度の大きさに裂いて、ラップにくるみ
冷凍するのが一番ですね!、香りも保たれて使いやすいのでお勧めです。
で、私はこれを作りました。
f0232584_08035765.jpg
やはり「天ぷら」が王道かな・・・熱々に塩をパラリ、私は青海苔も散らしてみました。
寒い日はこの「ハフハフ」が溜まりません。
楽しく、美味しくお仕事をさせて頂きました。

[PR]

# by shojiakiko | 2017-11-08 08:42 | グルメ | Comments(0)
2017年 11月 01日

本当に久々です!




プライベートで温泉1泊の旅に行って来ました。
仕事でホテルに宿泊しての温泉は有りますが、久々に素敵な宿にお泊りです。
行先はニセコ、天気も良く、紅葉はやや終わり加減ですが、まだまだ・・
チビッコ一家と一緒です。

ニセコに向かう途中、どうせ行くのなら、と、あちこち寄り道を重ねました。
まずは、「豊平峡ダム」もう、何十年も前に行ったとは思うのですが、とんと、記憶はありません!
f0232584_16324212.jpg

まずはこの電気自動車に乗ってダムへ、若干震えながら、1か月遅かったね!などと言いながらもダムの水量に圧倒されます。
で、ダムもいいのですが本来のここでのお目当ては温泉のカレー、ず~っと前、何年も前から聞いていましたが、初めてなんです!
f0232584_16334865.jpg
f0232584_16331773.jpg
本当に(?)インド系の方達がやっているんですねぇ・・次々とナンを焼き上げていきます。
昼時で結構な込み具合でしたが、パキパキとした対応で何とか、カレーにありつけました。
f0232584_16333431.jpg
そしてこれが美味しい!噂通り、これだけ繁盛するはず、温泉より、カレーが勝ってました。
お腹も満腹、この後もホテルに着く前にあちこち探訪しました。

f0232584_16374596.jpg
これは真狩にあった可愛いジャム屋さん、ハロウィーン一色です。こんなジャムを買ってみました。
f0232584_16373006.jpg
湧き水の里では「美味しい豆腐 」を買い、石窯焼きパンの奥土農場ではパンの他にクッキーを・・
f0232584_16383505.jpg
そしてチーズ工房にも立ち寄り、数種類をゲット、他にもワインを買わなきゃ・・などと、まるでお買い物ツワーです。
f0232584_16382258.jpg
で、やっとお宿に到着、外はもう真っ暗でした。早速一風呂あびて、別の広いお部屋に通されて、私達だけの夕食がはじまります。
お献立表に則って、頃合いを見計らったお給仕、2時間半の長丁場です。
退屈でしょうが、何品かをご紹介、お付き合い下さい・・

f0232584_16343688.jpg
これは前菜の盛り合わせ、小さな器やグラスを上手に使って、とても素敵な盛り付けです。
f0232584_16353207.jpg
これは吸い物、松茸の土瓶蒸し!ではなく、ニセコ産子茸のと桜姫鶏、海老が入っていて、お出しの味が最高でした。

f0232584_16360778.jpg
煮物ですが、ニセコ野菜の煮合わせ、大きな器の中にちんまり入っている野菜の煮物が、何とも言えません!
f0232584_16362069.jpg
まだまだ、途中に沢山の料理が運ばれて来ましたが、最後の締めのご飯は「秋鮭の炊き込みご飯」でした。
本当に素晴らしい食事の後、もう一度お湯につかって、あれだけ食べて飲んだのに、部屋飲みを始めた私達でした。

で、肝心のお宿の全貌は翌朝になって、やっとお目にかかれました。こちらです。
いやはや最高のおもてなし、すっかり心も身体も癒されて帰って来ました。
f0232584_16365435.jpg





[PR]

# by shojiakiko | 2017-11-01 17:22 | グルメ | Comments(0)
2017年 10月 25日

和え物あれこれと、やはり外食

と、タイトル通りですが、まずはポテトサラダをいろいろ作ってみたいと思いたったのが始まりで
何処の居酒屋風のお店でも「ポテサラ」人気抜群!あれこれ工夫を凝らしていますよね!
それで、私もこんなモノを入れて作ってみました。
f0232584_07305073.jpg
中華材料のⅩo醤とビールのお伴にポリポリ食べていたわさびビンズなるものを入れてみました。
まずはⅩo醤の方ですが、定番の玉ネギ、キュウリ、ゆで卵ですが、マヨネーズとⅩÒ醤の相性もいいものですね!
ま、当然と言えば当然ですが、チョット面白いかと・・・
f0232584_07310688.jpg
次のわさびビンズ、こちらはセロリを加えて具材はシンプルに、少なめのマヨネーズにワサビを入れてビンズを砕いて散らして
みました。 お味?う~ん、イマイチの反応かな!
f0232584_07312050.jpg
とポテトサラダに固執した後は、あえ物をいろいろ、と言っても2点ですが、これは和風の「春雨の和え物」タイの春雨サラダのヤムウーセンを
和風にアレンジ、鶏ひき肉はゴマ油で炒めて塩麹の味つけ、硬めにもどした春雨と青菜を一緒にして酢のもの風の味ですが、これも写真も
味もぼやけ気味で・・でした。
f0232584_07313596.jpg
で、もう一つ「オクラの酢味噌和え」卵黄を加えて練り上げた味噌に酢を少し加えた和え衣で色良くゆでたオクラを・・・
この食べ方、なかなか良かったです!お試しを・・
f0232584_07314702.jpg
と、ここまではおとなしく自宅での報告ですが、やはり外食もありました!それも何と篠路まで出向いてしまいました!
目的地はここです!何ともレトロな雰囲気、そしてこの「鳥大」の看板、中央区でうるさいおやじさんがやっていた(今も!)
お店の篠路店と書かれていました。
f0232584_07295037.jpg
年配のご夫婦とご家族のようにも見受けられる若い方達でお店をやっています。思わず聞いてみましたら、やはり暖簾分けをして
頂いたとの事、何とも懐かしいこの看板でした!
で、雰囲気も、モチロン焼鳥の味も大きさもいい感じでした。
f0232584_07300836.jpg
f0232584_07301874.jpg
いつもは断然塩味派の私ですが、この日はタレを所望、タレもいいものです!つくねも食べ応え十分です!
更にボリューム感と言えば、メニューにあった「豚串大」1串を2人でシェアしても十分に満足でした!
f0232584_07303654.jpg
この他にも「イベリコ豚串」など、魅力的なものがズラリ・・と、あれも、これもと悩んでいるうちに乗るはずの電車は目の前で
通り過ぎ、何とか最終のバスで戻ってきました。
篠路、恐るべしでした。 又、行かなきゃ!

[PR]

# by shojiakiko | 2017-10-25 08:06 | グルメ | Comments(0)
2017年 10月 18日

いろいろな仕事が有りました!

先週の金曜~日曜日にかけて、いつもと少しジャンルの違う仕事が続きました。
まず、金曜日は北海道庁とコープさっぽろのコラボで「もったいない!を考える・・」のタイトルで
セミナーと料理教室が行われました。
f0232584_07194318.jpg
作った料理はこちら、欲張っての5品ですが、もったいないと言ってもちゃんとした料理にしたいと思っての品揃え、
野菜の皮はつけたまま鮭と一緒に「焼き照り焼き」を、鶏肉は皮と身を別にして、身は蒸し煮し、皮はパリパリに焼いて人参と炒め、
蒸し汁と野菜のゆで汁で汁ものを、と言った感じ・・皆さんに美味しい!こんな方法もあったんだ!と言われてホッとしました。

そして翌日の土曜日は道庁赤レンガ前で、私が所属する農業と都市を結ぶNPoが供さんする「農業体験フェスタ」が、最高の天気に
恵まれて、早くからイベントのチケットを貰うべく、長蛇の列が続きます。
f0232584_07201238.jpg
で、私は何をするかと言いますと、「おにぎり作り教室」もう、何年もやっていますが、沢山の親子が集まってくれます。
おにぎりの作り方を真剣に聞いてくれて、その後は様々な形に握ってくれています。
f0232584_07195845.jpg
最近お握りは買うもの・・と思っている子も多い中、一生懸命な顔を見て、嬉しく思う一時です。

そして、日曜日は北ガス主催の親子の料理コンテスト、これは全国規模で今年で11年目、道央大会で、この後全道大会を勝ち抜いて
全国大会に臨みます。 午前、午後と5組ずつの出場、試食出来ていいね!と言われますが、イエイエ、これが大変!苦行に近いものがあります。
又、力作揃いで、点数をつけるのも、これ又苦行です。

そんな3日を過ごした後、家の冷蔵庫は悲しいばかりに何もありません!
何とかあるもので作ってみました。 そう!もう外に食べにいくにもヘロヘロでしたので・・
f0232584_07212119.jpg
まずは乾物、小山さんの美味しい「麩」が残っていました。しっかり戻して、私としては沖縄の「フーチャンプル」の予定でしたが
何だか、出来上がってみると「麩のピカタ」でした!
f0232584_07205571.jpg
野菜もこんな根菜ばかり、それも切れ切れです。もうこれは煮つけるしかありません!
豚肉の細切れも入れてタンパク質もOK、そして今お気に入りの土鍋で煮込むと型崩れがなくて、ほっこり炊けるのです!
f0232584_07214193.jpg
そしてご飯、塩と酒で薄味に炊き、頂いて冷凍しておいた、ピンクの菊、「もってのほか」とこれも頂いた私の秘蔵の「実山椒」
を混ぜ込みました。こちらもご飯専用の土鍋炊きです。
f0232584_07215759.jpg
何は無くとも、家でのんびり、温かい食事を頂くのが一番ですね!
寒くなってきました、風邪などひきませんように・・

[PR]

# by shojiakiko | 2017-10-18 07:52 | グルメ | Comments(0)
2017年 10月 11日

先週末は北見でした!

f0232584_08085628.jpg
先週末の金曜日からはとても青空の広がる素晴らしい秋晴れの日、この日から
仕事で北見です。

出発が午後1時過ぎなので、まずは腹ごしらえ、美味しい蕎麦やを見つけた!との言葉にのって
テクテク歩いて西屯田通りにあるお店に行ってみました。
全く目立たない店構え、でも中に入ると清潔化感があり、やや(?)若目の店主が一人、黙々と働いています。

そのお蕎麦が最初に登場しちゃった写真なのですが、とても丁寧な作りなのです。
ゆではモチロン、その後、冷たい水で何度もしめて、蕎麦のコシを出すのですねぇ・・
蕎麦の1本、1本がしっかりした、とても美味しいものでした。

誘ってくれた方はこんな豪勢な「天ザル」を、私はエビ1本頂きました。
f0232584_08090975.jpg
そして夜6時過ぎに北見に到着、早速スタッフの方達と、夜の街へ・・これが楽しみなんです!
今回は私の好きな鶏肉を選んでくれました。
f0232584_08095970.jpg
物凄く混んでいて、予約必須です。この日も満員状態、ビールとお通しを選んでから鶏肉のお出ましです。
f0232584_08092288.jpg
これは「鶏肩肉の串」へぇ・・鶏肉に肩の部分なんてあったんだ!と思いながら頂くと、美味しい!
歯応えが有りながら、身はとてもジューシイ、口の中は満足度の点数が上がります。

そして、このお店の看板は「鶏の半身焼き」これも、とてもアッサリしていて、食べ飽きません。
f0232584_08093297.jpg
f0232584_08094692.jpg
あれ!そう言えば、先週も鶏肉を食べて、半身焼きがどうとか言ってましたっけね、まあ忘れて下さい。そして次回是非、と思うのは
「鶏の水炊き」これも完全予約とか、楽しみは待つのが肝心ですよね!

さて、翌日は12時30分開始の教室、朝から準備の後、やはり腹拵しらえが大事、と、僅かな時間を見計らって
地元の方の情報を元に出かけたのはここです。
f0232584_08101146.jpg
11時30分の開店、一番乗りかと思ったらもうお客が・・・さすが人気店です!
あまり時間がないので、2人ずつ同じものをオーダーし、料金も前払い、紙エプロンをつけ、スプーンとフォークを
持って(オーバー?)じりじりと待ちます。

f0232584_08102295.jpg
到着!私は「エビ味ベーススープのシーフード」、と言うメニュー、エビ、イカ、ホタテ、アサリ、タコと魚介がいっぱい、
ご飯は全て麦飯、野菜も程ほどの大きさで食べやすく、あんまりスープカレーは・・と思っていた私ですが、このスープの味は格別に
美味しかったです。 満足、満足です。
f0232584_08103592.jpg
大急ぎで会場に戻り、何食わぬ顔でお仕事、お仕事、この日は北海道豆で作る親子の和菓子教室、
「焼きドーナッツ」「リンゴ入り羊羹」「手作り粒あんのせ、焼き餅」ま、全体に地味な雰囲気に見えますが、
皆さんは喜んでくれましたよ!

で、別件ですがさすが北見、こんな風景も・・
f0232584_08104833.jpg
収穫が終わり、丸々、ピカピカの玉ネギがこれでもか!と並べられていました。
又、近く遠軽はこの風景!今年はあまり良くないと新聞に出てましたが、聞くところ成長が遅かったみたいですね!
f0232584_08110683.jpg
無事、北見の仕事も、美味しいものも堪能して帰ってきました。







[PR]

# by shojiakiko | 2017-10-11 08:50 | グルメ | Comments(0)