おいしいもの日記 ぱーと2

shojiakiko.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 16日

軽く昼のみを・・

相変わらず自宅周辺をうろついている日々が続いてはいますが、
でも、たまには私の作った軽い料理もご紹介しようかと、と言うのも
先日帯広からお客様が、それも自宅の畑で作った野菜を持参して下さったのです。

今が一番の収穫の時期でしょうが、獲れたては甘さといい、シャキシャキの歯応え、
そして何と言っても作り手の見える安心感に勝るものはありません!

今回は「モロッコインゲン」と「しし唐」です。
まずはインゲンで煮物を作ってみました。

f0232584_7345334.jpg


このインゲン、幅が広い割に柔らかく、味の滲みも抜群です。やや脂身の多い豚肉、
彩りに人参、そしてピリッと生姜のせん切で味付けてみました。

f0232584_7371719.jpg


次はしし唐、こちらは同じく豚肉が少し残ったので、炒め物にしましたが、
あまりにもシンプルなので、派手な皿に盛りつけてみました。
しし唐の甘さが引き立っていました。

で、後は冷蔵庫に眠っていた食材を使ってこの料理です。

f0232584_7394349.jpg


この時期ベストなキュウリは大好きな野菜、炒めたり、パンに挟んだり、スープと
様々な調理方法はありますが、今日は和え物です。戻した春雨に、1本残っていた
ナスをレンジでチンして細く裂き、あ!長いもも5センチ程あったので刻みました。
そしてこれだけでは淋しいので、ザー菜とエビもプラス、味は中華風です。

そしてこれも気になっていたジャガイモ、いよいよ新ジャガの季節到来です。

f0232584_7434584.jpg


皮つきのまま丸ごとボイルして粗く刻み、さて味付けは?と思っていたら、そうそうあれが!
最近、缶つまなるものが沢山出回っていますが、わが家にも「鶏肉のイタリア風」が1缶、
それをジャガイモの上に汁ごとぶちまけて、少し味を足して、チーズを散らして焼いてみました。

これを昼から作ったものですから、当然こんなスタイルになります。

f0232584_7465291.jpg


まだほんの少し夏の暑さを感じつつ、軽い、軽い昼のみでした。
[PR]

# by shojiakiko | 2017-08-16 07:51 | グルメ | Comments(1)
2017年 08月 09日

夏のお約束は!

昨日は暦の上での立秋、お盆も近づきいよいよ北海道は秋に向かっているのか・・
と、じんわり寂しい気もする、私ですが、その気持ちを振り切って、夏のお約束の
お披露目ですが、これってかなり毎年載せいますよね!

f0232584_729421.jpg


そう!円山の名店の「鰻」です。この大きめの塗りの赤い蓋物を見るだけでワクワクです。
これも毎年書いている事ですが、あまり食べなくてもオーケーな私ですが、やはり年に一度
ここの「鰻」は食べてもいいなと、思えるのです。しつこくて、何だか意味不明な言い方でした!

f0232584_7315562.jpg


この暑い盛りが誕生日で「鰻」に目のないdomoちゃんとご一緒、昼からこれで乾杯です。
ふ~う、この冷たさ、溜まりません!

f0232584_7334847.jpg


蓋を開ければいつもの「鰻」が・・おバカと言われそうですが、ご飯にこの「タレ」と「山椒」
だけでも食べられそうなくらい美味しい「タレ」と香りの良い「山椒」、でもしつこくない
「鰻」があったればこそですね!「肝汁」が口の中を洗ってくれます。

f0232584_7375557.jpg


今回はランチで「鰻」だけお願いしたので、これでお終いと、思っていたら、何と、何と
お店のご主人の計らいで、デザートのおまけが出て来ました。

f0232584_7393195.jpg


「餡みつ」です。ギリギリの薄さに固めた寒天の中には、程よい甘さの餡が、
その上にはキィウィ、と甘さと、酸味が素晴らしい調和なのです。
「鰻」の後はこれですね!ペロリと食べた私です。本当にご馳走さまでした。

で、次の夏のお約束はこれです!

f0232584_742275.jpg


カメラの巨匠の「蓮展」毎年行われていたのでしょうが、私はやっと昨年からの参加、
浄国寺の本堂での展示、これが本当に良いのです。
暑い中、お寺の本堂の静けさと清さ、その中での様々な蓮の表情、心が洗われます。

f0232584_7463167.jpg


f0232584_7465325.jpg


玄関を入ってすぐに現れるこの白黒の写真といい、今年はお寺のお庭にも展示、
とても素晴らしい風景、見とれました!

お寺のお庭にも、本物の蓮が咲いていて、これ又目を奪われます。
なかなか蓮と水連の違いが何度聞いてもわからない私ですが、この神秘には圧倒されます。

f0232584_7494883.jpg


そして、もう一つのお約束が、帰りに巨匠が「これ食べて帰って」と渡されるもの。
それを持っていそいそ駐車場に向かって頂くのがこれです!

f0232584_7521676.jpg


フフフ、後半は私らしくない?ま、こんな夏もあるのです!
[PR]

# by shojiakiko | 2017-08-09 08:00 | グルメ | Comments(0)
2017年 08月 02日

わが家から花火を堪能

夏の花火、いいですよね! 私も大好き、更に好きな人は全国の花火大会を追っかけているそう、
上には上があるものですが、先週金曜日の花火は大勢の方達が集まって、わが家から見る花火大会
でした。

総勢、大人12人、チビッコ2人、さすがの私も、どうやってご接待するといいのか
若干、頭を悩ませ、小さい心臓もややドキドキしていたのですが、そこは人慣れしている皆様
花火鑑賞と言うか、大宴会の模様でした。

なんと言っても皆さんのお持たせが素晴らしい!
ちょっとご紹介しますと、まずは大胆なこれ!

f0232584_1044834.jpg


店ごと買い占めて来たのでは?と思われるほどのもの凄い量の小樽の鶏の半身揚げ、
それも熱々です。タクシーの運転手さんに「いい匂いしますね!」と言われたとか・・・
素晴らしい買いっぷり、domoちゃん有難う!

そして、仕事のお仲間で今は本も出す位の豆の第一人者が持って来てくれたのは
モチロン、豆づくしです。

f0232584_1084264.jpg


f0232584_1085943.jpg


上は10数種類の豆とドライフルーツを煮込んだもの、大福豆、金時豆などは
わかりますが、後は聞いたはずですが、忘れました。ドライフルーツの優しい甘さが
豆とピッタリでした。

下はこれも素晴らしい「エンドウ豆入りフォカッチャ」を焼いて来てくれました。この厚みといい、
ローズマリーがピンと立っているのが、何とも可愛いのです。味も最高でした。

f0232584_10115721.jpg


そしてこの可愛い「コーンおにぎり」何と1コ40グラムずつ測り、ラップで包み、
シールで止めてあると言うこの芸の細かさ、やはりあのetuちゃんの仕事です。
チビッコ達がパクパクです。

サラダも2点です。

f0232584_10141936.jpg


f0232584_10143736.jpg


「カブのサラダ」と「桃のカプレーゼ」何ともオシャレな事!「カプレーゼ」の写真が
ぼやけてごめんなさい!

で、私だって作りました! 一品はこれ!「鶏団子と夏野菜の炊き合わせ」です。

f0232584_101708.jpg


ナス、カボチャ、オクラと夏のイメージです。別々に炊くので少々、手間はかかりますが
やはり、こう作りたい料理です。

f0232584_10181497.jpg


そしてこれは買い物に行って一目ぼれして買った丸々太ったイワシ、どう料理しようか
迷った結果、チーズフライにして、トマトソースと柑橘を添えてみました。
切り方も少し技巧を凝らして、3枚におろしたものを縦に半分に切ってスティック状に、
我ながら、美味しかった!私と言うより、イワシの力ですね!

全体図はこんな感じですが、まだまだあって、テーブルからはみ出ていたのですよ!

f0232584_10214521.jpg


f0232584_1022474.jpg


で、肝心の花火はどうした?と声が聞こえてきそうですが、見えました!
素晴らしかった!ただ1棟のビルが邪魔でしたが、高く上がった花火はそれはそれは
綺麗でした。又、来年もですね!
[PR]

# by shojiakiko | 2017-08-02 10:30 | グルメ | Comments(0)
2017年 07月 26日

いよいよ始まりました!

あちこちではもう早々に始まっているビヤガーデンですが、
私にとっては、やはり大通公園のここがスタートの気持ちなのです。

f0232584_14113456.jpg


と言う訳(?)で、早速行ってきました!暑くて、正しくビール日和、緑の下で
飲むビールは格別です。キンキンに冷えたのが好きな私は、まずこれで乾杯です。

f0232584_1414390.jpg


きれいに飲み干した次はこちらに移動です!

f0232584_14145843.jpg


f0232584_14151444.jpg


で、ビヤガーデンではひたすらビールを頂くだけで、食はおあずけ!
お腹を空かせて今度は食にこだわり、久しぶりにスペイン料理屋さんへ直行です。

f0232584_1417244.jpg


ここではピンチョスと赤ワインをチョイスしてグビグビ、二次会の始まりです!
他に頂いたのはこの二皿、「スペイン風トリッパ」と「ローストビーフとクレソン、水ナスの
サラダ仕立て」です。

f0232584_14203233.jpg


f0232584_14204991.jpg


トリッパの上のマッシュポテトがスペイン風でしょうかね!クレソンと水ナスはとっても
ローストビーフにマッチして、美味しく、満足した後、それで帰るのが普通ですが、
何故かもう1軒に足が進むいけない私です。

そのもう1軒が「もっきりワイン」のお店、ついついフラフラと入りたくなる
ネーミングです。

f0232584_14241620.jpg


白ワインをたっぷりこぼして入れてくれました。いいお兄さんです。
そして、もうお腹は満足なはずですが、水槽に入っている「ウニ」を見て「下さい!」と
叫んでいました。

f0232584_14255645.jpg


と、フト横を見ると何とお隣さんはスパークリングワインのもっきりをやっています。
そんな手もあったか・・・とリベンジを誓って、お店を出ました!

そして、翌日あのグラスの泡立ちが忘れられず、行きました!飲みました!

f0232584_14281756.jpg


ま、泡は途中で加速度的に消滅していきましたが、でも、満足!
もっきりだけではなく、ちゃんとしたワインも置いてます。念のため!

そしてアテには小鉢料理がお得意みたい。3点盛りもこんな感じです。

f0232584_14302985.jpg


左から「牛すじ煮込み」「牡蠣のオイル漬け」「梅クラゲ」でした。
又、又飲みすぎ注意が点滅しています。
[PR]

# by shojiakiko | 2017-07-26 14:36 | グルメ | Comments(0)
2017年 07月 19日

お招きと、お呼ばれが・・

又もや今週も、お呼びしたり、お呼ばれがあったりとの、せわしない内容です。
ご馳走のご披露の前に、私の収穫の話も見て、聞いて下さい。

道新さん主催の「男の料理教室」に古くから来て下さっている、生徒さん、
毎年この時期ぷっくり太って甘い「スナップエンドウ」をわざわざ自宅まで届けて
下さっていたのですが、今年は「畑においでよ!」とお呼ばれ、送迎付きで伺いました!

f0232584_739963.jpg


あの一番、暑かったのでは?と思われた日でした。畑の中ってこんなに暑かった?
おバカな私、無防備なスタイルで畑に突入したもので、全身汗まみれでしたが、青空の下、気持ちは
最高でした。これは「スナップエンドウ」と「ズッキーニ」です。

f0232584_741192.jpg


f0232584_7413693.jpg


そして収穫はこんな感じ、大根さえ自力では抜けない非力な私ですが、やった感に満足!

f0232584_7431980.jpg


そして翌日は5人のお客様のお迎えの日、これまた暑い日で料理作りも汗だくです。
で、懐かしいこんなの作りました。

f0232584_7445339.jpg


随分前に良く料理教室でも作っていた「シャーレン・トウスー」漢字が出てきません!
所謂、薄いパンの上にエビのすり身をぬって、一度軽く蒸してから、揚げたものです。
中央のトマトとパセリの飾り方、今はしませんね・・味はビールのお伴としてはいいんですよ!

f0232584_7475920.jpg


これも良く作ったメニューの一つ、「鶏肉の北京ダック風」甘辛く煮て、ハチミツをぬって
再度オーブンに入れてこんがり焼きます。中華クレープにテンメン醤のたれをつけて、野菜共々
巻いて頂きます。

モチロン、昨日収穫した野菜も登場したのですが、接待と暑さと疲れで、証拠写真が
ありません! 残念!

で、1日おいて、今度はお呼ばれです。
セッティングされたテーブルには、こんな冷たい2皿が待っていてくれました。

f0232584_7544369.jpg


うんと冷えた白の泡ワインにピッタリ!何もしないで頂けるのは至福の時ですね!
そして、彼女のお得意の「ピザ」が今度は熱々状態で次々登場です。

f0232584_756364.jpg


f0232584_7565592.jpg


上が「ルッコラと生ハム」その下は「バジル」このハーブも自家製で、アメリカで
購入したと言う、ハバネロのソースのピリ辛がピッタリでした。

もう一品もスタミナ補給には抜群、豚肉は脂が決めて、と男性陣は大喜びです。

f0232584_803024.jpg


と、沢山の料理とワイン、楽しい一時でした。
F-ちゃんご夫妻、ご馳走様でした! 又、宜しくね!
[PR]

# by shojiakiko | 2017-07-19 08:08 | グルメ | Comments(0)
2017年 07月 12日

サクランボ狩りのお手伝い!

今週は珍しくも、私の飲み、食いの話ではありません。
何とも似つかわしくないと思われますが、農業と都市を結ぶ応援団のNpoの理事を
仰せつかっているのです。

とは言っても実際の仕事は微量ですが、この時期親子のサクランボ狩りに裏方として
参加しているのです。
先週の土曜日、30度を超えるあの暑い日、サクランボを獲る参加者も暑かったでしょうが
準備する私達もどうなるかと心配でしたが、涼し部屋での作業に、ホッとしました。

まずは、帰ってきた皆に食べてもらう「カレー」作りからスタートです。

f0232584_7255680.jpg


食材はNpoのおじさま達が調達、道産野菜と豚肉です、レモンは少々違いますが・・・
作る量はスタッフ分も含めて60人分、私を含め、4人で作り始めます。

f0232584_7283851.jpg


玉ネギを丁寧に炒めて・・と次々手順通りに仕上げていきます。
合計大鍋で4つ、そのうち一つは甘口、と気を使います。

f0232584_730753.jpg


完成!皆さんも到着、ご飯にたっぷりのカレー、ブロッコリーやミニトマト、パプリカの
ソテーなどを好みでトッピング、次々お代わりが続出、最後はご飯がなくなる始末!
来年はもっと炊かなきゃね!と、やや反省です。

そして、その後は今日のメイン「サクランボのコンポート」作りに挑戦です。
やっと私の、出番?と言うか本領発揮の場面です。

f0232584_7332814.jpg


このサクランボはスタッフが朝、汗を流して収穫してきたもの。
一人250グラムづつと言うかなりの分量があたります。準備はこれが一番大変!

f0232584_735435.jpg


そう!サクランボの種を抜かなくてはならないのです。それも、底に穴をあけないように・・
どうするかと言いますと、まず道具作り、径10ミリの太めのストローを用意します。
そのストローの先を鋭角に斜めに切ります。これをサクランボの軸の方から差し込んで
2~3回まわすと、きれいに種だけがとれるんです。

子供も大人も真剣に取り組みましたよ!
で、これを鍋に入れ、グラニュー糖、水(又は白ワイン)で煮込み、最後にレモン汁です。

f0232584_7404197.jpg


沸騰した後、火を弱め、丁寧にアクをとると、透き通ったシロップになっていきます。

f0232584_7413875.jpg


好みですが15~25分位い煮詰めて完成です。
その後は、火傷に気を付けながら、煮沸しておいた瓶に移していきます。
分量は欲張らずに、8分目くらい入れた後、しっかりフタをして逆さにして空気を抜きます。

f0232584_7434411.jpg


これで完成、後かたずけも自分たちで済ませ、ラベルもそれぞれ思い、思いのものを
貼り付けて、皆さん笑顔でお別れしました!
私も1瓶、頂いてきました。いつ、フタを開けるかは未定です。
皆さん、お疲れさま!
[PR]

# by shojiakiko | 2017-07-12 07:48 | グルメ | Comments(0)
2017年 07月 05日

先週末は・・・

相変わらずの、思わせぶりなタイトルですが、仕事で帯広、釧路と回って来た
報告です。

金曜日から出発ですが、この日はやっと夏らしい天気、帯広は30度超え、
暑い夏が好きな私にはサイコーです。
着いた夜のビールの美味しい事、美味しい事!

早速、「鶏肉」が売りのお店に直行、もう満員状態でした。
ここはやはりこれでしょう!と、「半身焼き」を注文、その出来上がる前はこんな一皿。

f0232584_8392032.jpg


「イカ刺し」ですが、お皿ごと冷凍してあるような、カチン、カチンのイカですが、
何となく1本ずつ食べてると、これが何ともオツなんです。

そして、いよいよ本命の登場!

f0232584_84132.jpg


上手に切り分けてくれる人がいて、私はジッと待つばかり。
良く言われる表現の、皮はパリパリ、肉はジュシー、ピッタリでした。

翌日帯広の仕事を終えて、釧路に移動、釧路も思った以上に暑くて、サイコーでした。
釧路ではここがお約束のお店です。

f0232584_8443433.jpg


そして、相変わらず、カウウターに並んだ料理と壁一面に貼られているお品書きと
にらめっこです。まずはこれから・・・

f0232584_8455356.jpg


f0232584_8461197.jpg


ここで食べるのは初めてかも!「手羽ギヨーザ」、手がかかっている割にお安いんです。
その下は「牛たん入りつくね」牛たんの濃厚さが感じられ、しっかりしたタレとピッタリです。
肉の後は魚介・・と言う程ではないのですが!

f0232584_8484530.jpg


f0232584_849371.jpg


いよいよ解禁になった「シマエビ」もう殻ごと全てが甘くて美味しく、ムシャムシャ
ほうばりました。「シシャモのから揚げ」も必ず、誰かが頼む定番、と言う私も
大好物です。

そして、次回釧路に来る機会があれば是非立ち寄ってみたい店があります。

f0232584_8515830.jpg


「ザンギ」発祥の地と豪語する釧路で、特に有名なザンギ専門のお店だそうで
一度、暖簾をくぐってみたいものです。

と、釧路でも一生懸命にお仕事済ませ、帰りのJRに向かいます。
モチロン、例のものを詰め込んで、最近は車内販売がなくなりましたから、自分で
何とかしなくては・・・長い、電車の旅ですから。

f0232584_8555572.jpg


皆さん、お疲れさまでした!
[PR]

# by shojiakiko | 2017-07-05 08:57 | グルメ | Comments(0)
2017年 06月 28日

お客様のお招きが続きます!

何だか、続く時は続くのですね!
先週も2日続きのご接待と、2日後の家族の集まり、と盛りだくさんでした。

まずは、第一弾から、私の奮闘振りを少々ご紹介します。

f0232584_7151196.jpg


前菜風な盛り付けで、中央のピンクは薄く切った大根にスモークサーモンをはさんで
二つ折り、右はキュウリのかつらむきにしめさばを巻き込んだ私の好きな巻き巻き、
左は卵の中に味をつけた高野豆腐、人参、椎茸、わかめなどを入れて焼いたものです。

f0232584_7175256.jpg


お持たせの「蘭越スパークリング」の爽やかさがいい感じでした。
次は「イワシのフライ、トマトソース」ですが、パン粉にチーズを混ぜ込み、これも
頂いたしらしめ油で揚げると、ホントにカラリ、シャキシャキ、少し酸味を効かせた
トマトソースとバッチリでした。

f0232584_7222114.jpg


締めのご飯はこれも得意な「夏野菜のお寿司」です。

f0232584_7225211.jpg


ユズこしょうの入ったすし飯に、キュウリ、ナス、ミョウガ、キノコなどをそれぞれ
別々に味をつけて散らします。この時期にお勧めの一品です。

そして、翌日のおもてなし、皆さんの持ち寄りが楽しいのですが、主役は餃子、と言う事で
中華風にまとめる事にしました。

f0232584_7255186.jpg


これは今、安平町のお仕事をしているk女史からで、安平町の「夢民豚」を使っています。
冷凍を速攻焼いて頂きましたが、なかなか濃厚で美味しかった!

で、中華の一番最初の一皿はこれです!今日の集まりの主人公のはずのdomoちゃんに
早めに来て頂いて、随分手伝っていただきました。

f0232584_729245.jpg


左の中華風クレープも全部焼いてくれました。
私?自家製の焼き豚に野菜をせっせと切りましたよ!

今日の締めのご飯はこれです!

f0232584_7311863.jpg


「有味飯」と名前がある通り、干しエビ、ザー菜、ネギや生姜が混ぜ込んであるので
米までもまるでもち米のような粘りを出してくれます。

そしてこれも素晴らしかったのです!

f0232584_7334127.jpg


大粒な苺が1コづつ過保護なくらいに包まれて、その甘い事!食べるには3~4口必要です。
「夏みずき」と言う名前だったと思います。
なかなか、自分では買えないものを頂きました。

そして、最後は家族の集まり、チビッコも入れて8人、となかなかな人数でした。
でも、殆どを息子とお嫁ちゃんが手をかけてくれて、助かりました!
私が少しいじったのは、大好きな干し豆腐とパクチーのサラダと、既製品の干し豆腐の
ピリ辛を皿にのせた位でしょうか・・・

f0232584_740197.jpg


f0232584_7402388.jpg


これも圧巻だったのは、道東から届いた大きなアサリの「老酒蒸し」、味が濃かった!

f0232584_742788.jpg


最後もう一品、そろそろ半夏生、と言う訳か「タコとセロリのサラダ風」
さっぱりとして、うん!良かったです。

f0232584_7443085.jpg


と、並べてみると、良く作って、食べて、飲んだものです。ふぅ~・・・
[PR]

# by shojiakiko | 2017-06-28 07:47 | グルメ | Comments(0)
2017年 06月 21日

こんな事の後はこんな所に行きたいのです!

と、何とも意味不明で、思わせぶり満載のタイトルですが、早い話が仕事をした後、
暑くて汗をかいた後のビールの話です。

そう、又いいビールのお店を見つけたのです。

f0232584_6562525.jpg


実に分かりにくい写真ですが、西12丁目の電車通りに面するお店の前です。
お店の紹介の前に、仕事の話からさせて下さい。
最近、多い「豆」の仕事、タイトルは世界の豆料理、一般の方達が対象です。

f0232584_6595758.jpg


4品作るのですが、その中から2品、上はスペイン風、「大福豆と黒オリーブの煮込み」
如何にも私好みでしょ!その下はイタリアのお菓子「ビスコッティ」にゆで小豆を混ぜてみました。

f0232584_72081.jpg


f0232584_721911.jpg


なかなか皆さんに好評で、ホッとした気持ちで終了の後ですから、一段と美味しいに
決まっていますが、店内はこんな風、クラフトビール専門のお店なのです。

f0232584_74192.jpg


やや立ち飲み風に気取って飲んでも良し!又、ショーケース風冷蔵庫にも瓶、缶の
ビールがカラフルに並んでいるので、迷いに、迷って買って家飲みも有りです!

f0232584_755978.jpg


f0232584_761651.jpg


この缶のラベルの可愛い事!「ダ・サイダー」ですが、ださいだぁ~と読めてクスッて笑います。

f0232584_775251.jpg


私はクラフトビールに詳しくはないので、飲みやすいピルスナー専門ですが、
日本酒の飲み比べみたいな、こんなのも有ります。

f0232584_791525.jpg


そしてビールにピッタリのそれもこだわりのつまみも、何点か・・・
このソーセージも美味しかった!当然、もう1杯お代わりしましたもん!

f0232584_7105939.jpg


で、暑い日の後ってどんな時?って!それはこんな時です。
大通西12丁目辺りのバラ園を回った後です。だってすぐ近くですからね!

f0232584_7123415.jpg


私だって食べて、飲む以外に花も愛でるのです。念のため・・・
[PR]

# by shojiakiko | 2017-06-21 07:17 | グルメ | Comments(0)
2017年 06月 14日

随分有るものですねぇ・・・

転居してから相変わらずウロウロしている私ですが、何となく気になるのは
「餃子屋」の看板の多い事! 好きな店は狸小路にあるし、もう1本南では「さっぽろ
餃子」を発見していますが、今回はこんな餃子屋さんを見かけました。

f0232584_7521855.jpg


床屋の二階の中通り、絶対に見逃してしまいそうな看板、でも、私にはわかったんですね!
匂いがしました!いえ、餃子の臭いではなく、お店の雰囲気が・・・
餃子とワインと来たら入らずにはいられなく、トントンと階段を登りました。

店内はおしゃれな雰囲気、テーブル席と広いカンターが、当然カンターに陣取り、
メニューにかぶりつきます。

f0232584_7564834.jpg


お通しは「焼き大根の肉みそかけ」喉を潤し、餃子が出来上がるまでにこれも定番の一皿です。

f0232584_7582084.jpg


居酒屋などに入って必ずこの「ポテトサラダ」を注文すると言う方、結構います。
これで、この店の味の方向がわかるとか・・・こちらのは自家製のベーコンがコロコロ
入っていて地味な作りでしたが、美味でした。

で、いよいよ餃子をお願いしました。 フレンチ風な餃子なんです。

f0232584_804412.jpg


これは豚肉がベースで肉に合わせて白菜、レンコン、クワイなどが入ってシャキシャキ感を
カリッと焼いて、これもオリジナルの粉末のラー油がユニークです。

もう一品の焼き餃子、これはワインでしょ!と言うものです。

f0232584_83524.jpg


今度の肉は鴨、クルミの口触りと香り、そしてユズの風味も効いています。
ソースはバルサミコ酢、ふ~ん、と・・・
で、次も、へ~えなのです。

f0232584_853076.jpg


これは「カキとタラの水餃子」クリームソースで青海苔がかかっています。
と、これは人それぞれで、好みも有りますが、ワインに合う事は間違いなかったです。

で、次はつい先日の私の試作品、もう下火でしょうか、私も好きだった「塩パン」
これを作らなくてはならなくなってのものですが、いろいろ調べてやってみました。

f0232584_89755.jpg


ま、見た目は・・ですがパン生地に冷たくしたバターの塊を入れてしっかり包み込み
表面に岩塩を散らして焼くのですが、バターは溶け出てても仕方ないそうで、味はしっかり
最初にしてはなかなかの塩パンでした。

で、もう一つは「フライパンパン」発酵から、焼きまでフライパンで作る割とお手軽パン。
シンプルなバーガーパンにしたので、いろいろなものを挟めて、これもグッドでした。

f0232584_8123792.jpg


剣淵から届いたアスパラを挟みながら、自画自賛の紹介でした!へへへ。

f0232584_81325100.jpg

[PR]

# by shojiakiko | 2017-06-14 08:13 | グルメ | Comments(0)